地震保険は本当に必要なのか

最近は、日本でも大きな地震が頻繁に起きています。阪神淡路大震災に始まり、東日本大震災や熊本地震そして北海道の地震など非常に様々な種類のものが突発的に起きているのが特徴です。しかもそれだけでなく、予想外のところで大きな揺れが発生しているのも忘れてはいけません。そして今後その流れが止まるかと言えばまだまだ活発化する可能性も否定できません。この時重要になってくるのが、地震保険になります。地震保険に加入していれば、地震が原因で起きた家屋の損壊や火災等も適用されるため、何とか生活の維持をすることができるはずです。ただ、これに加入するためには1年間に10000円以上のお金を支払わなければならなくなります。この点をどのように理解するかが重要になるところです。もし、絶対に家屋が倒壊しないことや被害が出ないと自信を持って言えるならばわざわざ加入する必要はありません。ですがそうでなければ、予期せぬことも予想してかにをした方が安全と言えるでしょう。