医療保険の仕組みをチェック

一年に一度はお世話になる医療機関、その際に受診料を支払うのですが、私たちは仕組みを理解できているでしょうか。日本に住む全ての人が加入し、それぞれ保険証を持っています。メリッは、医療機関に提出すると原則3割負担で済むことで、残りの7割は保険から支払われる仕組みになっています。ですから、医療機関も政府も、早めの診察を推進しているわけで、気軽に病院に行ける仕組みです。基本的には3割負担ですが、未就学児は自己負担2割です。自治体によっては無料になるケースもあるようで、そうした内容から移り住む世帯さえあるようです。また、高齢になれば、『あっちこっちにガタがくる』いわゆる老化があり、医療費も増えてしまいがちに、別立ての後期高齢者医療制度に加入することになります。これによって、自己負担が1割で済むようになります。ですが、75歳以上でも保険料を納める必要があり、納める金額は収入によって異なりますが、月々1万円程度だといいます。