雇用している人たちのための保険

労働災害総合保険というのがあります。このサービスは従業員の労働災害につき使用者が負担する可能性がある法定外補償給付又は法律上の損害賠償を添付するためのサービスであり、保険内容としては、政府労災保険の上乗せの災害補償責任を肩代わりするものであるということになります。雇用者というのは意外なほど雇用している人たちに対しての様々な責任というのをやって来ていることになります。本人たちのミスとか過失などによって起きた様々なことに対しても雇用者が責任をとらなければならないというようなこともあるのでその責任というのは要するに金銭ということになりますので、そのために会社が傾くというような大事故もあったりするわけで、そんなときに補償してもらえるタイプの保険、ということになります。意外なほどお金がかかってしまうということがあるのですが特に危険度が高いような仕事をしている場合においてはこうしたものはかなり有効的になっています。